臨床心理士指定大学院受験対策講座

通学・通信講座

臨床心理士資格試験の情報や合格者の声など、随時更新しています

  • ファイブアカデミーの心理学入門ブログ
  • あなたも臨床心理士になれる!
  • ひろみの勉強部屋
  • ファイブアカデミーの心理学入門ブログ

講座案内

2017年度・臨床心理士資格試験対策必勝講座【通学講座】のご案内

赤字部分は、2017年度【通学講座】における「新講座」となります! 要チェック!

  • 【東京校・2月12日開講・日曜昼講座】臨床心理士資格試験パワーアップ講座
  • 【東京校・3月10日開講・金曜夜講座】過去問題徹底攻略講座 
  • 【東京校・5月21日開講・日曜昼講座】東京勉強会
  • 【大阪校・2月12日開講・日曜昼講座】臨床心理士資格試験パワーアップ講座
  • 【大阪校・3月10日開講・金曜夜講座】過去問題徹底攻略講座
  • 【大阪校・5月28日開講・日曜昼講座】大阪勉強会
  • 【2017年・夏開講】短期集中地区講座・夏の陣(5都市で開催予定!お楽しみに!)

全講座・途中入校可能です!!

「講義はもう始まっているし、今からだと中途半端になるのかな・・・」

諦めるのはまだ早い!まだ間に合います!途中入校をされた受講生には、入校前の講義資料をお渡しし、講義の様子は動画配信によるフォローをいたします(動画配信には視聴期限を設けさせていただきます。予めご了承ください)。

2017年度・臨床心理士資格試験対策必勝講座【通信講座】のご案内

赤字部分は、2017年度【通信講座】における「新教材」となります! 要チェック!

  • 【DVD教材】1次試験マークシート対策DVD講座 全26コマ(17年リニューアル!)
  • 【DVD教材】ロールシャッハ・テスト DVD講座 全5コマ
  • 【DVD教材】ロールシャッハ・テスト DVD講座 ~包括システム編~ 全5コマ
  • 【DVD教材】心理学統計 DVD講座 全5コマ
  • 【DVD教材】事例問題演習 DVD講座 全5コマ(17年リニューアル!)
  • 【DVD教材】心理学統計演習 DVD講座 全3コマ
  • 【DVD教材】勉強法・受験テクニック DVD講座 全3コマ(17年リニューアル!)
  • 【DVD教材】論文記述試験対策 DVD講座 全3コマ(17年リニューアル!)
  • 【DVD教材】キーパーソン攻略 DVD講座 全5コマ
  • 【CD教材】1次試験マークシート対策音声CD講座(法律・倫理・地域援助編) 全5コマ
  • 【テキスト教材】1次試験マークシート対策教材(17年リニューアル!)
  • 【テキスト教材】小論文対策教材
  • 【テキスト教材】臨床心理士資格試験/模擬テスト No.1~No.7
  • 【テキスト教材】全国一斉模試/精選問題集 No.1~No.4
  • 【その他】マンツーマン・個別指導講座
  • 【その他】V-Learning・個別指導講座(遠方の受験生オススメ!)


まずは資料請求。すぐにパンフレットをお届けします。
臨床心理士資格試験必勝講座パンフレット資料請求

ファイブアカデミー臨床心理士資格試験研究チームからのメッセージ

 

あなたは、今どんなお気持ちでこのパンフレットを読んでいるのでしょうか?
"どんな講座があるのかな"と勉強方法の参考として読んでいる方もいれば、"何とか合格したい!!"と少し焦っている方もいるかもしれませんね。


試験に合格するためには、幅広い領域において万全の試験対策が必要だと言えます。それは、一朝一夕で身につくものではありません。日々の努力が大切だと思います。


具体的な勉強方法として、

・過去問題を中心に解いて、苦手分野を明らかにし知識の補強を行う。
・正誤問題は、"なんで○(×)なのか"について理解を深めるようにする。
・臨床心理士のあり方として"赤本"を読んでおく。

などが挙げられると思います。


ところで「過去問題を解く」これは受験生にとって、合格に向けて最重要かつ最短距離ではありますが、なぜ過去問題を解く必要があるのでしょうか。


臨床心理士には4つの専門業務が求められます。

①臨床心理査定
②臨床心理面接
③臨床心理的地域援助
④上記の調査・研究・発表


では、この専門業務の水準はどうして決めているでしょうか?
それは、まさに臨床心理資格試験がこの水準を決定しています。つまり過去問題を解くということは求められている水準を知ることに他なりません。


また、すでに赤本と言われている「臨床心理士になるために」(日本臨床心理士資格認定医協会 監修)を購入された方も多いかと思います。

「平成28年度版・新・臨床心理士になるために」P82にはこんなことが書かれています。

「事例問題を占める割合は100題のうち30題を超える傾向にあります。査定、面接、地域援助、倫理など様々な観点からの出題内容となります」

事例問題の解答には時間がかかります。
事例問題以外は出来るかぎり1分以内で解答し、
残った時間を事例問題に割く必要があります。
試験に求められているのは、
極度の緊張状態の中で「いかに早くアウトプットをするか」です。

そして、このページの次の文章はこんなことも書かれております。

「一方、重箱の隅をつつくような知識をたずねる問題、難問奇問の類の排除につとめる方針です」

これまで不合格だった受験生で、
このパターンに陥ってしまった方を数多く見てきました。
どこまでも深く、深く勉強をしてしまい、
確実に正解すべき問題を落としてしまう方です。


また、こんな見方もできるでしょう。

「難問奇問の類の排除につとめる方針」とありますが、
過去の試験における最高得点は「89点」です。
つまり、満点はおろか90点台も取ることができないテストだということです。
結果通知には点数が書いておらず「合格」「不合格」だけが書かれています。

これらから見えてくるのは、「落としてもいい問題」「確実に正解しなければならない問題」があるということです。

これを見分けるテクニックは、自主勉強ではとても難しいかと思います。
ファイブアカデミーの必勝講座は、そのことを十分に踏まえ、これまでのノウハウを活かし、合格するための講座を行ってきました。


皆さんはどんな心理士を思い描いて、大学院に進学し、勉強を積み重ねてきたでしょうか。資格試験合格は、皆さんの夢をかなえる切符です。
合格通知を手にしたときの喜びを、あなたと分かち合えればと思っています。

一緒にがんばりましょう!!


まずは資料請求。すぐにパンフレットをお届けします。
臨床心理士資格試験必勝講座パンフレット資料請求